おいしいたまごづくり

鈴木養鶏場では毎日新鮮でおいしいたまごを消費者のもとにお届けするために日々努力しております。
おいしさの秘訣は飲み水とえさと鮮度。

きれいな水と、バランスの取れたえさで健康に育った鶏からはおいしいたまごが産まれてきます。
そして私たちは産まれたてのたまごを新鮮なうちに消費者のもとにお届けする事が生産者の使命だと考えているのです。

おいしいたまごの理由

飲み水は天然水

鈴木養鶏場のたまごは愛知県新城市、木々の緑に囲まれた空気もおいしい山の中で作られています。

鶏の飲み水はそんな豊かな自然の地下天然水をくみ上げて与えております。

検査済みの天然飲料水
※天然水は定期的に検査をおこない、衛生的にも安心です。


オリジナルブレンドのえさ

雛から鶏のえさには、さまざまな穀物を中心とする材料を混ぜ合わせた独自のえさを与えております。その配合は、40年にわたる、鈴木養鶏場のノウハウが詰め込まれたオリジナルブレンド。

お客様のニーズに合わせて、商品ごとに違う配合のえさを与えておりますが、特にたまごの甘味を強く出すため、殻が丈夫になるために様々な原料をバランスよく調合しております。そして健康な鶏が育つため、コクがあり旨味が強いたまごを鶏が産むために今現在でも改良が重ねられております。

※商品によって配合している栄養素、飼料は異なります。

配合している代表的な穀物の紹介

とうもろこし
大豆粕
なたね油粕

栄養豊富で生命に必要なエネルギーを得ます。鶏が育つためのベースになる飼料です。

その他の鶏に与えている主な栄養素の紹介

ビタミンE

ナッツ類などに多く含まれています。抗酸化作用によって肉体的な老化を抑え、長く健康的にたまごが産めるようになります。

ビタミンD

骨にカルシウムをくっつける接着剤の役割を担います。充分に接種することにより、カルシウムを効率的に取り入れ、丈夫な骨格の鶏に育ちます。

おいしいたまごのために配合している主な飼料の紹介

木酢酸

広葉樹の樹液と木酢を活性炭に混ぜた、植物由来の天然成分原料。
近年注目されている飼料のひとつで、鶏の健康的な育成を補助し、たまごの生臭さを抑えることができます。

オリゴ糖

オリゴ糖は乳酸菌群の栄養となるため、飼料に添加することによって鶏の腸内環境を改善し健康な鶏が育ちます。

海藻

豊富なミネラルを含んでおり、鶏の健康によく、コクと甘味の増したたまごが産まれます。

ごま

ごまのタンパク質には必須アミノ酸がバランスよく含まれ、また、カルシウム等も多く含まれます。セサミンの効果で、健康な鶏が育ち、たまごに含まれるコレステロールを抑える役目もします。

健康な鶏を育てる


お客様の元に早く届ける

おいしさの一番のポイントは鮮度です。

鈴木養鶏場では産まれたてのたまごを全てオートメーション化したベルトコンベアで集卵し、洗浄、殺菌、乾燥、紫外線殺菌、汚れ・ひび・血卵検査、サイズ分けを行い、そのままパックに詰められます。パック詰めされたたまごは専用の配送車で新鮮なうちに地域のスーパー等に並べられます。

皆さまの食卓に毎日新鮮でおいしいたまごをお届けしたい。そんな想いから問屋を介さずに直接スーパーにお届けすることで、私たちのこだわりを毎日の食卓にお届けしております。

産まれたてのたまごを配送中



ページの先頭へ